専門学校を辞めたあと、頭をよぎる中退者が歩む就職活動の険しい道

更新日:

はじめに中退者の現実をお話ししますと、

毎年10人に1人が中退すると言われていて、そのなかでも46%のかたが「正社員として働きたい」といい中途退学されます。

しかし結果をいうと正社員になるかたの割合は32%。

反面、在学中にしていたアルバイトを含め、フリーターをすると言うかたは21%にたいし、結果は31%といったデータがあります。

これらの結果から、中退をして何かしらの困難があって、正社員になるチャンスを逃し、フリーターをしているかたが多いのがわかります。

ちなみに当サイトの管理人であるぼくも専門学校を中退した1人です。

中退してからというもの、始めこそ余裕ぶっていましたが、

1週間後
専門学校を辞めてしまった、、、、
まぁ、、、何とかなるか!!

一ケ月後
・どんな企業に応募すればいいのか、、、。
・面接で「中退」の理由を聞かれたらどうしよう、、何て答えればいいのか、、。
・履歴書の作成はどうすればいいのか、、。

など、いろんな不安が出てきてなかなか就活を始めることができませんでした。

この記事では自分の経験を活かし、
専門学校を辞めて正社員になろうと思っている人、もしくは、もうすでに退学していて、正社員を目指すかたへ向けて、就職するコツを1から解説します。

専門学校を中退することによって気を付ける点

専門学校を中退することによって気を付ける点

一番にあげられるのが「正社員になる」と言いながら、正社員になる意欲を失ってしまいフリーターを続けてしまう点です。

実際にも「労働政策研究・研修機構」の資料を確認したところ、

中退してから、
⓵3カ月未満の就職率が28%
⓶3年未満が4%
⓷3年以上が8%

もう一点、こちらは卒業者です。
⓵3カ月未満の就職率が64%
⓶3年未満が11%
⓷3年以上が8%

中退者と卒業者ともに、離学してから3カ月を過ぎると、どんどん就職率が下がるといったデータがありました。

これらのデータから正社員になる意欲も失っているのがわかります。

もちろん「フリーターでいい!」と言うのであれば、それはそれでいいと思います。しかし、将来の結婚のことや収入のこと、その他もろもろを含め、正社員になったほうがいいのは理解しているかたがほとんどだと思います。

次の項目より、専門学校中退者の就活の仕方について解説しますが、正社員になろうと思ったら、いかに早く行動に移せるのかどうかが争点となるとだけ覚えておいて下さい。

心配しなくても専門学校中退者にも就職先はある

とは言っても「中退者でも就職先はすぐに見つかるのか?」といった声もあるかと思います。

しかしまずは落ち着いて欲しい点があって、

高校中退、大学中退、休学の方などを含めると、年間で中退者が約8万人いると言われています。学生総数の約1割の方が、中退や休学をしているのが現状です。

例えば、

自分の周りに中退者はそんなにいてるのかな?って思うかもですが、今まであまり気にしていなかっただけで、駅の近くの会社員さん、隣町の工場員さん、窓口の受付事務員さん、通学路で見るポスターや看板のデザインをした人など、その中のあの人も、あの人も同じ道をたどってきた人達なんです。

つまり、まずは落ち着いて下さい!って言ったのは、
「中退していても、就職して働いている人がいる」って事実があるからです。

現代は売り手市場と言われています。
「中退が不利にならないかな・・」
と心配する気持ちを持つのが普通ですが、過度に不安になる必要はないってことです!

そもそも国が人手不足だと言っているのに、それでも疑問をもってしまい仕事がないと思いこむのは、正社員にならないための言い訳にしかしぎません。

少し例をあげると、

例えば飲食店!!
人手が足りず閉店するお店まであるくらいです。信じられますか?味が良い悪いじゃないんです!

コンビニやスーパー、チェーンの飲食店を思い浮かべて下さい!
アルバイトでも留学生や外国からこられている人材を採用されていたりと、、、
色々な事情はありますが、やっぱり人手が足りていないのが現状!

そして何より、
ネットや雑誌、テレビCMなど、1日に何回も就職や転職などの求人広告会社の案内を目にするって事です!

つまり、
それだけ広告の需要がある = 働き口はある、就職先はある
って事ですよね^ ^

中退したことを「何も気にすんな!」といっている訳ではありません。
でも、気にしすぎて「中退は就活で不利になるから・・」といって何もできないよりかは、まずはポジティブに就活に挑みませんか?

不安があったとしても、就職するには、今一歩を踏み出せるのかどうかが別れ道だってことです。

「無料」就職支援サービスに就職についての相談をする

専門学校を辞めてからの就職活動の始め方

いざ就職活動!
でも就職活動って、、
学校辞めたけど実際にどう始めるのか!?
中退者はどこに相談したらいいのか!?

そして、

出来れば無駄なく就活したい!
って思うのがみなさんの考えかと思います。

ここでは、

定番のハローワークを使う
自力で求人サイトから探す
相談できる就職支援サービスを使う

無駄なくするならおススメはコレです!
っていきなり結果を言っても、人それぞれですので、、、
まずは各項目の説明をします。そして自分に合った就活をはじめることが大切です。

ハローワークを使う

定番のハローワーク
まず、ハローワークのイメージってどうですか?
リストラされた大人が通う就職活動の場所をイメージされるかたも多いと思います。

しかしハローワークには、若者を専門とする支援コーナーが設置されいてる所もあるんです^ ^

その名も若者ハローワークと言います。
そして、個別で就職活動プランや履歴書作成、面接の対応などの相談にものってくれます。

ハローワークを利用しようと考えている方は、積極的に若者ハローワークを利用すべきです!こちら厚生労働省のHPより詳細をご確認いただけます。

ただ、そのサービスがない場合はもちろんサービスは受けられません。
ハロワークにある機械を使って、自分で求人検索をして応募する流れですね(_ _)

ハローワークのチェックポイント
ハローワークを使うメリットは、若者支援コーナーもあり、担当によっては親身に相談にのってくれる

詳しい内容については、下記の記事に記載しているので参考にしてください^ - ^

耳にはするけど良くわからない。ハローワークって場所での就職活動

求人サイトを使って応募

自力で求人サイト
求人サイトの利用は、「自力で!」と書いたように、自分でどんどん決めて行く方には良いかもしれません。
しかも求人系サイトはかなり豊富!
でも、なかには求人サイトがありすぎて迷うかたも多いと思います。

ちなみに僕もたくさんのサイトを使ってみましたが、
まず間違いのないサイトはリクナビNEXT!

何といっても求人掲載数がNO1!
そして、グッドポイント診断という、自分の強みを分析出来るツールがある点です。

「自分の強みってなんなのかわからない!」という方にはちょうどいいかもです!

※グッドポイント診断については、リクナビNEXTに登録するだけで使用可能です。

グッドポイント診断LP

 

求人サイトのチェックポイント
求人サイトを使うメリットは、情報量が多く、自分で探して完結する可能性もある点。
注意点は、あくまで転職サイトになるという事。

※ 転職サイトとは、一度でも就職した経験があり、それらの人をターゲットにした求人サイトってこと
ただし全ての求人がという意味ではなく、その中から未経験OKの求人をさがして応募をする流れとなります。

初めての求人サイト-専門学校中退から就職に向けて-

就職支援サービスを使って正社員を目指す

相談できる就職支援サービス

20代の若者やフリーター、中退者を専門とした人材紹介サービスがあるので、個別に相談をして就活する方法です。

はじめての就活なので「誰かに相談したい!」「アドバイスが欲しい!」というかたも多いと思います

就職支援サービスって?初めて聞いた方も多いと思うので簡単に説明すると、
・ 就職先を支援サービスの人に相談しながら探す事ができる
・ ビジネスマナーから面接対応など、就職に関する相談に乗ってくれる

一言でいえば、就職先が決まるまで無料で面倒を見てくれるサービスとなります。

同じ相談するでもハローワークと違う点は、国が運営しているのか民間企業が運営しているかの違い。

もちろんハローワークは国が運営するもので、就職支援サービスが民間企業が運営しています。※民間企業とはリクルートなど会社をイメージして下さい。

ここでハローワークと就職支援サービスの違いを簡潔にまとめると、

ハローワークの場合
→ 国のサービスだから、あなたを企業に紹介しても紹介者にはなんの見返りもありません。
就職支援サービス
→ 就職支援サービスは登録者に仕事を紹介してなりたっているビジネス。

ハローワークと就職支援サービス。どちらがいいのか一概にはいえないですが、真剣に仕事を探してくれそうなのはどっち?って話です。

就職支援サービスのチェックポイント
就職支援サービスを使うメリットは、就職について職探しや面接などトータルで相談でき、理想的な就職活動ができる。
ハローワークと求人サイトの良さを兼ね備えたサービス。
自力で全て探して活動したい人にはデメリット。

就職するために必ず抑えるべきポイント

履歴書に嘘をかく必要はない

履歴書と面接に向けて
一瞬の迷いで、履歴書に嘘を書くのは辞めましょう!
例えば、専門学校を卒業してないのに卒業していることにしたり。

面接官っていわばその企業の面接のプロ!
応募者の嘘ってわかるものなんです。

履歴書はあくまで紙ベースなので、
出来るだけ綺麗な字で書いておけば大丈夫です!

なぜ専門学校を辞めたのか?その理由をしっかりと説明できれば、そこまで中退が不利になることはありません!

1番大切なポイント
・ 自分をどう表現できるのか!
・ 働きたい熱意を伝えること!

専門学校中退者が気になる履歴書の書き方!と、中退は書くべきか?

面接で中退理由をバカ正直に答える必要はない

面接での応対
面接官から
「なぜ専門学校を中退されたのですか?」と聞かれた場合、と言うかほぼ質問されます。

あなたはどんな返事をする予定ですか?

例えば
「人間関係が良くなくて」「学校生活が楽しくなくて」

などはオススメ出来ません(;一_一)
理由はイメージできると思いますが、、
スグに投げ出してしまう人って思われそうだからです。

僕が専門学校中退後、
就活をしていたときに中退理由を聞かれたら、

家庭の事情で専門学校どころではなくなって・・」と答えていました。

「大変だったんですね」
「働かないとダメなんですね」
「若いのに偉いですね」
と言われたくらいで、深く追求されることはありませんでした。少なくとも面接を10社ほど受けましたが僕はなかったです!

履歴書には嘘を書くなといいましたが、このセリフはよかったらそのまま使ってください。

面接でのポイント
・ 中退した理由が子供っぽい理由なら、バカ正直に答える必要はない

今のままで今度の面接大丈夫??-専門学校中退の就職-

面接で聞くポイント

面接での質問
面接中、色々と質問をされるのは、
「面接をされている人だけ!」
というワケではありません^ ^

面接をされている人、つまりあなたも企業に対して質問することは可能です!

自分自身が企業に対して聞きたい事や、気になる事は聞いておくのがオススメです。
入社してからイメージと違った!ってことがない為にです!

そして、

離職率は必ず聞くようにしましょう。職場環境の良い悪しの1つの目安にはなります。

離職率を面接官に聞いたときに、
「わからない」「だいたいこれくらい」

と言われたとすると少し怪しいかも(;一_一)
だいたいの会社は離職率を把握しているものです。

離職率が高い=不満をもつ社員が多いのはリンクするので注意が必要です。

それと有給取得率、残業の有無などもブラック企業を見極めるために本当はきいたほうがいいでしょう!

しかしそれらを聞くときには注意が必要です!

なぜなら、
あまりにも働く条件ばかりの質問だと「仕事内容より働く条件ばかりが気になるんだな」と思われるからです。

もちろんあまり良いイメージは持ってもらえません!

もし質問の仕方について迷ったら、「最後に質問がありまして、残業の有無とか有給取得の件は、求人詳細どおりで間違いはないでしょうか?」と聞いて下さい。

一個一個質問せずに最後に確認をするスタンスです!求人詳細に間違いがなければ「間違いありません」と言われるでしょうし、違った点があれば説明してくれるはず。

その返答によって自己判断する必要がありますが、少しでも怪しいかな?と感じれば、入社しないほうがいいでしょう。

条件を絞りすぎると就職先が見つからないから注意

条件を絞りすぎると就職先が見つからないから注意

少し厳しいセリフを言いますね!

はっきり言いますと、仕事は選ばなければありますが、選び過ぎるといつまでたっても見つかりません。

ネット上で30社応募して1社も内定がもらえなかった、、という20代のかたがいましたが応募先を選びすぎです。

おそらくそういう方は、名前の知っている企業など大手ばかりに応募しているか、条件面に目が行き過ぎです。

大手など知っている企業はやはりライバルも多いので、そこに中退者が割ってはいるには「特別な何かが」必要となります。

特別な何かがというのは、例えば、仕事での実績だったり、資格だったり、新卒者にはもってない何かです。

とは言っても、専門学校中退者のかたのほとんどは何ももっていないと思います。

だったら、まずは入社しやすい中小企業ではたらいて、実績を積んで社会人としてのスキルを積むことです。

なかには「中小企業は、、、名前も知らない会社は、、」というかたもいると思いますが、日本の9割以上は中小企業と言われています。それに大手には新卒じゃないとなかなか入れないのが現実です。

もし将来的に大手に入社したければ、中小企業で働いて実績を作ってから転職するのが一番。

それに大手だからよい会社、中小企業だから悪い会社というわけではありません。一番は自分に合った会社ではたらいて、仕事のやりがいを持てるのかが重要です。

大手に入っても過労で自殺するかたがいれば、中小企業でもやりがいをもって働く方がいます。

大手のほうが待遇面はよいでしょうが、5年後10年後に物をいうのは社会人としての実績です。そして実績は中小企業でも十分にものにできます。

余談ですが、ぼくも社員30名ほどの中小企業で働き、今ではその業界で独立して食べていけています。社会人になると何よりも実績重視。その点だけ覚えておいて下さい。

専門学校中退どうのこうのより、その後が大事

中退でもこれからがスタート

あなたが今すべきなのは、中退に負い目に感じるのじゃなくて、これから挽回する気持ちを持つこと!

大切なことなので太字にしました。

「あの時、自分は中退してよかった」と思えるように、卒業者が卒業するであろう時期までに社会人としてのステータスをあげておくことです。

ちなみに「中退して良かった」というかたと「後悔」するかたの違いは、中退してから目標をもって生きているのかどうかです。

例えば、退学してからするずるとフリーターを続けてしまうと、就職できないのを中退のせいにして後悔するでしょうし、そういうかたは諦める傾向にあるので目標をもてません。

逆に中退してからすぐに正社員になり、仕事にやりがいをもてている人は「こういう自分になりたい」といった願望じゃなくて目標があるので「中退して良かった」となる可能性が高い。

大卒だろうが社会人になって仕事がうまくいかない人はたくさんいる。かたや中退だろうが成功街道まっしぐらな人はたくさんいるってことです。

僕も経験したので言えますが、
中退は1つの失敗程度!でも今から就活に向けてスタートすれば問題無し!

最後偉そうに言ってしまいましたが、就職してきちんと仕事ができれば、それは大卒だろうが中退だろうが関係ないってことです!

大切なのはあなたの今からの人生!さあ、明るい未来へ一歩踏み出しましょう(*^_^*)

中退者向けに就職支援しているジェイック

JAIC

少しでも就活に心配があるのなら就職支援に相談してみてください!

就職は初めてで心配
・ どんな企業がいいのだろう?
・ どこから応募すればいいのだろう?
・ 面接での受け答えが不安・・
・ 詳しい人に相談しながら就活したい・・

そういう方が絶対に使うべきサービスです!
就職ってネットで情報収集するより、実際に人に相談したほうが早いんです。

しかも費用は一切かかりません^ ^

でもどこがオススメ?
どうやってその会社探す?
という方へ!

ジェイック

・ 専門学校中退や大学中退、フリーターを専門で就職支援している会社

・ 厚生労働省委託事業より、優良紹介優良事業主にも選ばれているので安心

それにジェイックからの就職定着率が何と90%以上と言われています。

たくさんのかたが利用されているサービスで、もちろん無料でサービスが受けられます。

ジェイックに無料相談をするならこちら公式サイトへ

※相談できるエリアには限りがあるので、ご自身で確認してください。

最後に!!!

この記事をご覧いただいた方で、

「中退でも頑張ればまっとうな人生を歩めるんだ正社員になれるんだ」
と一人でも思っていただければ幸いです。

そして「専門学校を辞めてよかった」と言えるような人生を歩んで下さい。

ここまでで7000文字くらい書きましたが報われます!(^^)!
でも、別に特別な話ではありませんよ。

今から必死になれば、就職なんて何とかなるし立派な大人にもなれます!

だってこれからの人生のほうが長いんです。中退したから人生終わりだなんてあり得ない話です。

では、まずは後悔のないよう頑張って正社員になってくださいね!
努力は必ず報われます(^◇^)

以上、最後までお読みいただき、ありがとうございます。

おすすめ記事

専門学校中退で仕事がない?甘えているだけ! 1

今日も行動しないのですか? とりあえずは就職活動を始めようと動いてはいるけど、中々良さそうな企業って見つからない。 大卒とか高卒とか、、、 条件から企業を探すのも、ちょっとめんどう。 こんな調子では、 ...

2

はじめに中退者の現実をお話ししますと、 毎年10人に1人が中退すると言われていて、そのなかでも46%のかたが「正社員として働きたい」といい中途退学されます。 しかし結果をいうと正社員になるかたの割合は ...

-専門学校中退者の就職
-

Copyright© 高卒の下剋上☆ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.