高卒の下剋上☆

学歴や経歴に自信がない人がキャリアアップするための情報を発信するサイト

専門学校を辞めたあと、就職先はあるのでまずは就職活動のお話をします

更新日:

専門学校中退者でも就職できる

専門学校をいざ中退したものの、はじめの壁となるのが「正社員になれるのかな?」「どうやって就活すればいいのかな?」になるでしょう。

ちなみにぼくも、専門学校中退者なので凄く気持ちがわかります。

何となくはわかっても、就職をした経験がないので不安しかありませんでした。

この記事では今から就活する方へ向けて、考えられる疑問に一からお答えしていきたいと思います。

そして先に安心しておいて欲しいのが、専門学校を中退していろんな不安があった僕ですが、まともな会社で働けており、今はわりとやりがいを持って働けております。

僕にできてあなたに出来ない理由はない。専門学校を中退した同士だと思っていただき、この記事の内容を参考にしてください。

就職後も手厚いフォロー!就職後の定着率94.3%!就職ならジェイック!

 

専門学校を中退してからフリーターになる場合の現実

先に厳しい現実をお話しすると、

毎年10人に1人が中退すると言われており、そのなかでも46%のかたが「正社員として働きたい」といい中途退学されます。

しかし結果をいうと正社員になるかたの割合は32%。

反面、在学中にしていたアルバイトを含め、フリーター希望のかたは21%にたいし、結果は31%といったデータがあります。

これらの結果から、中退をして何かしらの困難があって、正社員になるチャンスを逃し、フリーターになるかたが多いのがわかります。

ただしその困難とは、ほとんどの場合は「中退だから」といって、就活をスタートさせなかったのが原因です。

ちなみに「労働政策研究・研修機構」の資料を確認したところ、

中退してから、
⓵3カ月未満の就職率が28%
⓶3年未満が4%
⓷3年以上が8%

もう一点、こちらは卒業者です。
⓵3カ月未満の就職率が64%
⓶3年未満が11%
⓷3年以上が8%

中退者と卒業者ともに、離学してから3カ月を過ぎると、どんどん就職率が下がるといったデータがありました。

もちろん「フリーターでいい!」と言うのであれば、それはそれでいいと思います。しかし、将来の結婚や収入、その他もろもろを含め、正社員になったほうがいいのは理解しているかたがほとんどだと思います。

この項目で伝えたいことは、いかに早く行動に移せるのかどうかが、就職はおろか今後の人生においての争点になるということです。

 

どんな企業に就職できるのか?

どんな企業に就職できるのか?という点ですが、職種もそうですが、どちらかというと中小企業に就職するかたがほとんどです。

そしてなかには「名前を知らない会社は不安だ、、」とか「会社として大丈夫なのか?」と心配されるかたもいるでしょうが、そこは全然問題ありません。

中小企業であってもまともな会社にさえ入社できれば全然問題ないです。

そもそも日本企業の90%以上は中小企業だと言われていますし、大企業ではたらく人間のほうが割合的には少ないのが現実。

あとは、どうしても大企業の場合は、応募条件が大卒以上に設定しているケースが多いというのもあります。

ちなみにぼくも、はじめて正社員になった会社も中小企業、転職もしましたがこちらも中小企業でした。

働きさえすれば、大企業や中小企業だなんて気にもしないし、最も重要なのは会社の規模じゃなくて生きがいをもって働けるのかどうかです。

 

重要な就職活動の仕方について

重要な就職活動の仕方について

重要というよりも、自分にあった探し方をするのが一番。

極端な話、1人で就活をやりとおす自信があれば、求人サイトからの応募でいいでしょう。

ただ求人サイトは、基本、一度社員経験のあるかたが対象になるケースが多いです。リクナビNEXTなどを見ていただければわかりますが「転職サイト」と記載がありますよね?

求人サイトから応募するには、未経験OKでなおかつ学歴を問わない企業へ応募する!です。

次に考えられるのがハローワークを使う。

ハローワークを使って就職活動をする

ハローワークに行くと窓口があるのでまずは求職者登録をします。

窓口にいって「求職者登録をしたい」と言えば、職員が案内してくれるのでその手順に沿って進めるだけ。

求職者登録が終わると、PCを使って企業を選択し、応募したい求人があれば求人票をプリントアウトして職員に声をかけて下さい。

ハローワークの場合は、担当職員から企業へ連絡を入れ、そこから面接日が決まります。

あとオススメしたいものがあって、ハローワークによっては「若者ハローワーク」といって、個別に相談に乗ってくれるコーナーがあります。

どんな企業に応募できるのかや、就職に関する不安があれば質問してみるといいでしょう。

正直な話「どこまで相談に乗ってくれるのか?」は、担当によりけりな部分はありますが、1人でする就活と比べると安心度が違うはず。

ちなみに求人サイトやハローワーク以外にも就活の仕方があるので簡単に説明します。

それは、中退者やフリーター向けに就職支援している会社があるので相談するです。

就職支援の場合は、ハローワークと同様、企業の紹介はもちろん、履歴書作成の手伝いや面接の対策まで一緒に考えてくれます。

実際にもたくさんのかたが利用されている「ジェイック 」で言えば、上記の成果があってか、採用率が78%と記載があり、就職後の定着率も90%以上との記載がありました。

ただし注意点としては、それらの人材サービスは、都心部にしかサービスが受けられないという点です。

なので、都心部に住むかたは無料で相談ができるので、人材紹介サービスを使うのもありでしょう。そうでないかたは自分に自信がある人は求人サイトから、そうでないかたはハローワークを使うのがオススメです。

 

専門学校中退どうのこうのよりその後が大事

専門学校中退どうのこうのよりその後が大事

中退であっても、中退に負い目に感じるのじゃなくて、これから挽回する気持ちがあれば問題はありません!

「あの時、自分は中退してよかった」と思えるように、今からでも社会人としてのステータスをあげておくことです。

ちなみに「中退して良かった」というかたと「後悔」するかたの違いは、中退してから目標をもって生きているのかどうかです。

例えば、退学してからするずるとフリーターを続けてしまうと、就職できないのを中退のせいにして後悔するでしょうし、そういうかたは諦める傾向にあるので目標をもてません。

逆に中退してからすぐに正社員になり、仕事にやりがいをもてている人は「こういう自分になりたい」といった目標があるので「中退して良かった」となる可能性が高い。

大卒だろうが社会人になって仕事がうまくいかない人はたくさんいる。かたや中退だろうが成功している人はたくさんいるってことです。

僕も経験したので言えますが、
中退は1つの失敗程度!でも今から就活に向けてスタートすれば問題無し!

最後偉そうに言ってしまいましたが、就職してきちんと仕事ができれば、それは大卒だろうが中退だろうが関係ないってことです!

大切なのはあなたの今からの人生!さあ、明るい未来へ一歩踏みだしてくださいね。

下記にて、中退者を支援している人材紹介サービスを紹介するので、是非相談だけでもしてください。

間違った就職をしないためには人に相談するのが一番早いです。

 

ジェイック

ジェイック

先ほども少しご案内しましたね。就職率が78%以上なのと、その後の定着率が90%とご紹介させて頂きました。

ジェイックの特徴とはまさしくコレです。普通に就職して上記のような数字はあり得ません。

そして就職についてを一から教えて欲しいかたは、絶対に相談すべきサービス。ちなみに下記のようなサービスが無料で受けられます。

・専任講師が担当 ・ビジネスマナー ・みだしなみ ・履歴書の書き方 ・職務経歴書の書き方 ・面接の受け方

希望があれば優良企業との面談も行ってくれますし、怪しいといわれている投資用不動産などの企業を紹介されることもありません。※会社としての方針だそうです。

ジェイックは中退者やフリーターを就職支援する会社で、認知度が一番たかい会社です。

登録自体は5分もかからないので、この機会に登録だけでもしてみてください。

ジェイックに無料登録は公式サイトへ

※就職を希望できるエリアは下記のようになっております。(2019年1月時点)
東京、千葉、神奈川、埼玉、茨城、愛知、大阪、兵庫、京都、福岡

 

就職SHOP

就職SHOP

就職SHOP自体はご存じでないかたも多いでしょうが、運営元はあの有名なリクルートです。

正社員への就職をサポートするがコンセプト。

紹介できる職種も幅広く、営業や販売、ソフトウェア開発、電気系、建築系。

業種に関しては、商社やメーカー、IT通信、サービス業、マスコミなど。

ジェイックと同様に、個別の支援も可能で、
紹介する企業もアドバイザーが取材した企業のみとなっているのが特徴です。そして安心もできます。

また就職SHOPを通しての応募は、書類選考が必要ありません。なので、効率よく就活がしたいかたにオススメです。

就職SHOPの公式サイトはこちら

※相談窓口は銀座、新宿、横浜、千葉、大宮、大阪、三ノ宮、烏丸

 

今やるべきことをやれば必ず正社員になれます

なにはともあれ「専門学校を中退すると就職できない」なんて先入観をもつのは辞めましょう。

中退しようが正社員になれますし、立派な社会人にもなれます。

ちなみにぼくは、専門学校在学中は、クラスのなかでもベスト3に入るほどのダメ男でした。

周りの友人からは「なにをしててもダルそう」「大丈夫なん?」と将来を心配されるくらいでした。

しかし、今、立派かどうかはわかりませんが、自立できるているのは「正社員になろう」と思って早く動き出しのが良かったのかなと思えます。

おそらくだらだらとフリーターを続けていたら、目標をもたず、それこそ本当にただのダメ男になっていたかと思います。

こんな僕だって社会人になれている!僕に出来てあなたが出来ない理由はありません。

もし就職についての不安がまだあるようでしたら、サイトからお問い合せをいただければ、答えられる範囲でお答えさせて頂きます。

 

就職活動に関するお役立ち情報

この記事をご覧のかたのほとんどは、現在、就活をまだスタートされていないかたがほとんどだと思います。

とは言っても、これから履歴書作成や面接対策が必要になってくるかたも多いでしょう。

当サイトでは、就職活動から内定をもらうまでを意識して運営しており、就活に関するたくさんの記事も書きました。

履歴書に関する記事は「履歴書作成の基本と中退は書くべきか?

面接に関する記事は「今のままで今度の面接大丈夫?」の記事をご覧ください。

そして「就職活動全般の記事」はこちらにて、一覧が記載してありますので是非参考にどうぞ!

是非これから頑張りましょう。以上です。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

-専門学校中退者の就職
-

Copyright© 高卒の下剋上☆ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.