高卒の下剋上☆

学歴や経歴に自信がない人がキャリアアップするための情報を発信するサイト

男性が結婚を機に転職する注意点をタイミング別に解説します

更新日:

男性が結婚を機に転職する注意点をタイミング別に解説

結婚と転職といえば人生においての大イベント!

なので、余計に慎重になってしまい、なかなか自分がどうすればいいのかわからないという方も多いでしょう。

しかしですね、その気持ちは大切だと思いますよ。

先ほどにも言いましたが、人生の大イベントでもある「結婚」と「転職」。

適当に方向性を決めてしまうような人は、きっと幸せな結婚生活を送れないです。

人生において計画性をもつことはとても大切です。

前置きはさておき、この記事では「結婚 転職」と言ってもタイミングや目的でそれぞれの進め方や目的も変わってくるかと思います。

その目的やタイミング別にあなたがこれから「どうすればいいのか?」についてを書きました。

そして、是非とも失敗しない「転職」にして頂きたい。そして幸せな「結婚」にもして頂きたい。

もう一点、転職しないほうがいいと思う方へは、素直に「転職しないほうがいい」と記載しました。

※自分の目的に沿った内容を「目次」よりご覧いただき見てください。

結婚と転職をタイミング別に解説と注意点

結婚してから転職するというかたは

結婚をしてから転職

この項目で注意して頂きたいのは、転職する理由が「仕事を辞めたいから、、」になっていないのかどうかです。

それだと「結婚」を使って、転職をする言い訳を探しているだけ。

なので、そういうかたは「目的」をまずは作って下さい。

例えば、「結婚生活のために収入を上げないといけない、、。」

ただし上記の例も「目的」にはなりますが、もう少し具体的に「年収300万円未満だから最低でも300万円以上はもらえる仕事」などですね。

逆にもし現段階で、結婚をしてから転職をする明確な目的があれば、迷わず転職することをオススメします。

転職をして成功するかしないかは最終的にはやってみないとわかりませんが、目的があるから成功できるのも人間です。

「結婚をしてから転職する」。そして「目的」がある。後は最終的なゴールである「幸せな結婚生活」を目指すのが一番です。

なので、目的があれば、転職することにたいして何も問題はないと思いますよ。

結婚と同時に転職

この項目も「結婚をしてから転職」と同じで、目的があるのかどうかがポイントです。

目的があれば、迷わず転職するでもいいでしょう。

「年収をあげたい」「将来性のない会社だから将来性のある会社へ」などをもう少し具体的にした目的に向かって進んで下さい。

具体的にというのは「年収300万円以上の会社へ」とか「残業代が出る会社へ」などでもいいでしょう。

それと結婚したばかりで転職先がすぐに決まるのか?と心配されるかたもいるようですが、結婚したばかりだから内定率が下がるなんてことはありませんから安心して下さい。

面接官が見るのは、結局はあなたが使えそうな人間なのか?そして入社しても辞めないのか?です。

ぼくも面接官をしていた経験がありますので間違いはありません。

あと1つだけ注意があるとすれば、自宅を購入する予定があれば審査に通りにくいという点ですね。

どうしても勤続年数が審査をかけるにあたりネックになるので、その点は奥さんとなるかたへ相談をして、もう一度「転職するタイミング」を考えたほうがいいかと思います。

もちろん自宅購入の予定があるかたに限りの場合はですね。

住宅ローンの審査は、一般的には最低でも1年以上の勤続年数が必要になるかと思います。

結婚する前の転職

個人的には結婚を考えた時に転職をするベストなタイミングなのかなとは思います。

結婚した後に転職をする方とか、結婚と同時に転職するかたを批判するわけではありません。反対しているわけでもありません。

しかし転職っていうのはしてみないとわからないケースがどうしても多いので、リスクを考えたときには「結婚する前の転職」が一番いいかなと。

理由の1つとしては、結婚する前に転職することによって保険をかけられる点です。

保険っていうのは、最悪は仕事が落ち着いてから籍を入れるといった選択肢を取り入れられます。他でいうと1年を目処に仕事が落ち着いてから子づくりを計画するなど。

でも、結婚してから転職だとそうも言ってられないですよね?

・家族がいるので辛くても仕事を頑張らないと、、、。
・稼がないと、、、。

もちろん家庭を背負う人間だとそのくらいの気持ちは大切だと思います。

しかしどうせ結婚をするなら幸せな生活を送りたいと思うのが人間です。

幸せな生活とは、仕事との関係性も重要なので、ゆとりをもった生活も大切になります。

そのためには転職してから仕事に慣れてから転職するのが賢い選択と言えるでしょう。

 

それぞれの目的にしてのアドバイス

それぞれの目的にしてのアドバイス

結婚をするために転職するかた

結婚をするための転職といえば、収入面や人間関係、会社の将来性など色々と理由があるはず。

たくさんの理由があるでしょうが、ここでできるアドバイスとしては「目的」にあった「転職」をするために1日でも早く動き出すことです 。

もう少しわかりやすくいえば、条件に沿った転職先を見つけるために1日でも早く転職活動をしましょうと言うこと。

「結婚をするため」と言うくらいですから、今の職場では結婚するにあたり何か引っかかる点があるはず。

その点をクリアにするための転職はありだと思います。

しかしその問題をクリアにできるのかどうかは、転職活動をしてみないとわからないですよね?

もっと言うと実際には入社してみないとわからない点は多いです。面接で企業の全てを理解するのは不可能。

でも面接にいって希望を感じたら、それは間違いなく希望です。

なので、まずは1日でも早く転職活動をはじめて「希望」が見える企業を探して下さい。

最悪は「希望が見える企業」を見つけてから入社するしないを悩んでもいいと思います。まずは転職活動をスタートさせることが何よりも大事です。

 

職場に不満はないけど彼女と遠距離だから近くの職場に転職したい

結論からいうと、状況によりけりですが、今の職場に不満がなければ転職は辞めたほうがいいです。

転職することによって環境や条件は悪くなるケースの方が多い。

そのようになったとしても「転職してよかった」と言えるのかどうか?。はっきり言うとないと思います。

不満もなく働けているというのは素晴らしいことなんです。

どうしても彼女が地元を離れる気がないというのであれば、それはそれで結婚以前の問題です。

お互いいい大人なんですから、彼女が地元を離れるとか、仕事を辞めずにすむ選択肢はありますよね?

逆に今の職場は変えたい、そして新しい土地で人生をスタートさせたいかたは、迷わず目的に向かって進んで下さい。

 

退職理由や志望動機が「結婚するから」は✖

志望動機も退職理由も「結婚するから」は×

厳密いうと退職理由や志望動機が「結婚するから」では弱いといったほうが正しい表現です。

男性は女性と違って「寿退社」というセリフが使われないのはご存じだと思います。

なので、結婚して田舎や旦那の実家に嫁ぐような概念がないので、基本は「結婚するなら今の職場で頑張れよ!」となりがちです。

おそらく上司に退職理由を伝えてもそうだし、転職活動の面接のさいにももう少し具体的な内容が必要です。

例えば、退職理由については、
・結婚をする予定で、今後は家族と過ごせる時間を大切にしたいので定時に終わる仕事がしたい。
・収入をもう少し上げたいので、基本給が高い職種へと転職したい。

志望動機については、
・今の職場では今後も収入が増えなさそうで、御社のような働きに見合った給料をもらえる職場で働きたい
・今の職場は残業ばかりでプライベートがありません。私生活のバランスもとれた職場で働きたい

など、〇〇を改善するために転職したい。そして「結婚予定もあり、、」といった感じで、もし伝えるのならおまけ程度で結婚を伝えてください。

結局のところ書類選考や面接においては、
面接官が見るポイントとしては経歴を見るのはもちろんのこと、退職理由を聞いて「ウチに入社しても辞めないのか?」という点です。

だから結婚するどうのこうのはあまり関係がないということです。
そして関係がない以上、結婚はアピールポイントにもなりません。

退職理由も志望動機と基本は同じ

・結婚するために収入を増やしたいので転職したいなど、ポジティブな内容にしておきましょう。

そして転職活動は在職中に行い、内定が決まり次第、上司に退職を伝えるのがベストです。

上司からしても転職活動を今からはじめるかたに対しては、引き止めの心理が働くでしょうが、転職先が決まっているかたは止めようがありませんからね。

転職サポートを受けて失敗しない転職にする

転職のプロに相談する

転職サポートとは、転職エージェントといって転職についての相談にのってくれるサービスのことです。

サービスの内容としては、希望を伝えたうえで応募する企業を提案してくれたり、面接対策など、内定が決まるまでサポートしてくれます。

特に、
・自分ではどんな企業に応募すればいいのかわからない
・自分に合った仕事がわからない

など、転職することによって改善したい理由はあるけど、その先でどうすればいいのかわからない方が利用すべきサービスです。

サービスはもちろん無料で受けられます。

ちなみに当サイトの管理人である僕も転職する際にはお世話になりました。営業職から未経験での仕事を希望し、結果をいうと提案してもらった企業に転職しました。

転職エージェントの有名どころでいくと【リクルートエージェント】

全国に拠点がありますし、何だいっても転職業界では断トツでNO1です。求人数もたくさん取り扱っているので応募する幅が広まりますよ。

リクルートエージェントの詳細はこちら

 

以上です。

この機会に是非とも素晴らしい転職と結婚にして下さいね。応援しています。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

-高卒の転職
-

Copyright© 高卒の下剋上☆ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.