高卒の下剋上☆

学歴や経歴に自信がない人がキャリアアップするための情報を発信するサイト

入社しないほうがいい会社の特徴と良い会社に入社するには

更新日:

ブラック企業の見分け方

ブラック企業が心配でなるべく「よい会社に入社したい」といったかたが増えているみたいです。

原因は人手不足になると、企業もあの手この手を使って人を集めようとするからですね。

あの手この手とは?をわかりやすく言うと、過剰にでも会社をよく見せ、とりあえずでも応募者を集める行為です!

でも、そんな会社に入社するとどうなるでしょうか、、、?

もちろんそれなりに厳しい職場であり、人がどんどん辞めているのが想像できます。だからまた募集をかける!それの繰り返し!

しかし先に言っておくと、100%ブラック企業を見分けられる方法とは存在しないです。

企業もバカではないので、頭を使ってなるべく会社を良く見せかけようとするのが現実です。

実際にも東証一部上場企業であっても、内情は超ブラック企業なんてケースもあるくらいです。

なので、100%ブラック企業を見極めるのは難しいけれど「最低限ここは抑えておけ」といった内容をご紹介します。もう一点は、なるべく良い会社に入社する方法も解説します。

就職率が2倍にUP!人材紹介サービスを使って優良企業に就職しよう

失敗したくない就職や転職を希望している方であれば、一度は聞いたことがあると思います。 「人材紹介サービス」 しかし、人材紹介サービスや名前は知っているけど、実はよく理解していない方も多いのでは? とい ...

 

求人票に記載してある月給の幅が広い!15万円~50万円など

このパターン!
営業募集でよく見かけますが、ほとんどの場合50万円ももらえないように設定されています。

厳密に言うと、貰えるケースもありますが、50万円もらえるのはTOP1%の人間だけとか。

それじゃあ、「平均月給はどうなの?」と言うと、せいぜい20万ぐらいがいいところになるでしょう。もしかしたら20万円を切るかも、、、。

ただ、ここでの問題は給料の幅というより、会社の方針に問題があるケースが多いです。

例えば、強引な営業をしているとか。何をしても契約をとってきた人にたくさん給料を渡してやるよといったやり方です。

もちろんそのような会社は離職率もかなり高いです。

 

社名を何度も変更している

社名を何度も変更しているのは、やましいことがある証拠です。

かみ砕いて表現すると、先程も言いましたが強引な勧誘をしていてお客さんからのクレームが多いとか、ネット上に書き込みをされて営業がしずらくなったとか。

そこで企業が取った対策が「社名を変更する!」なんです。

しかしですね、社名を変えたところで会社が今までやってきた歴史を完全に消すことはできません。それこそググれば情報は出てきます。

ついでに簡単な社名を変更している会社の調べ方を説明すると、社名だけで検索するのじゃなくて、お客様の声とか掲示板もないのか調べることです。

深く調べれば何かしらの情報は出てくるはず。その情報こそが確かな会社の実態であると言えます。

少しでも怪しいなと思えれば深くまで調べてとことん追求してください。経験上、社名を何度も変えている会社でロクな会社はありません。

 

ヤフー検索で関連キーワードを調べると悪評が出てくる

ヤフーで検索をかけたときにメガネのマークがでてきて、関連キーワードが表示されるのを見たことはありませんか? わかりやすくは下の画像をみて下さい。

20171109114244

この赤線で囲ったものは、ブラック企業と関連性が高いキーワードが表示され、検索回数の多いものが表示される仕組みです。

どういうことかと言うと、「ブラック企業」と検索をかける人は、「ブラック企業リスト一覧」、「ブラック企業リスト」といったキーワードでも調べる人が多いということです。

例えば、社名で検索をかけて、このようにブラック企業と関連キーワードが出るのであれば、あくまで可能性の話ですが、事実なのかもしれません。

試しに僕の知るブラック企業の社名を検索したところ、見事、関連キーワードで"ブラック企業"と表示がされました。 

ネットの口コミは匿名で記載できるため100%信用する必要はありませんが、それでも火のないところに煙はたたない!と言えますからね。

 

ホームページが適当

ホームページとは企業の顔です。しかも応募する人たちがホームページを確認することくらい簡単に予想できるはず。

なのに、簡単な会社概要と商品の説明だけ、、。

それでは話になりません。

しっかりとしている会社は自信をもって会社を紹介するし、商品の紹介もします。

ホームページが適当なのは会社のありかたも適当だと思っておいて下さい。

何処からが適当なホームページなのかの線引きが難しいところですが、自分の直感で判断してもいいと思います。

 

アピールポイントがアットホームな内容ばかり

求人募集にアピールするところがないので、「全員が仲良し」とアピール。

もちろん社員同士が仲良くアットホームな会社もあるでしょうが、大半の会社は、休日のイベントに強制参加させるような会社が多いです。

しかしですね、仕事はやりがいを持てれば、アットホームな職場でなくても楽しめます。

なので、これから応募をする方は、仲が良くてアットホームな職場より、やりがいをもてる仕事なのか?を焦点にあてるべきです。

求人票の内容が「社員みんな仲が良い」「アットホーム」、、

そして「くどい」と思えたら辞めたほうがいいかも。

 

事務所が過度に汚れている

古い事務所がダメと言っているわけではなくて、清潔にしていない事務所の中ですね。

面接室もそうですし、またそういう会社は社員の覇気もないのが特徴です。

廊下で通りすぎた社員の顔を確認してみると一発でわかります。

下を向いたままうなずくだけで挨拶をしたり、挨拶すらしなかったり、、、。

食べるために働かされている感じで、おそらくそういう環境に自然となっているのでしょう。

なので、誰も率先して掃除もしないし、汚れていてもきれいにする余裕もないんだと思います。

人の家を見るとだいたいその人となりがわかるように、汚い事務所はいい加減な会社だと思ってもいいでしょう。

 

面接で見分けたい

ブラック企業を面接で見分けたい

【年間休日や残業、有給について質問しても返事が曖昧】

年間休日の平均は120日と言われています。

しかし注意しないといけないのが、求人にわざわざ「うちは休日が少ないですよ~」なんて記載する企業はありません。

なので、面接にて「求人票に記載されている年間休日でお間違いないでしょうか?」と聞いてください。

仮にもし「時と場合によっては」とか「売上によっては」とか、面接官があいまいな返事をしたさいは注意が必要です。

やましいことがなければ「求人票の内容に間違いありません」と言うでしょうし、曖昧な返事をするのは企業にとっては保険みたいなもの。

入社してから「求人票と内容が違う」と言っても、「時と場合によってはと言ったから」ときっと言うはず。

【平均勤続年数を質問する】

中小企業で言うと、勤続年数の平均が3年未満だなんて会社はたくさんあります。

だからと言って一概に悪いとは言えませんが、問題は面接官が平均勤続年数を把握していないケース。

言い方を変えると、離職率が高かろうが問題視していないと考えられます。

【少しでも良い印象をもてなければ辞めておこう】

採用だろうが不採用だろうが、その会社とは縁がなかったんだと思ったほうがいいでしょう。

良い印象をもてないと言うことは、何か引っかかる点がある証拠です。

面接官の話を聞いて本当にいい会社だなと感じれば、「働きたい」と思えるのはもちろんのこと、何かしらの共感をもつはずです。

就職や転職っていうのは最終的には自分の勘がたよりになるので、そこは素直に受け入れたほうがいいというのが僕の意見です。

もちろん企業を選び過ぎはダメですが、妥協点だけを決めて入社するしないは判断して下さい。

【面接官がタメ口】

おまけ的な内容になりますが、面接官がタメ口、、、。

絶対に入社するのは辞めておいて下さい。

初対面の人にいきなりタメ口を聞くような人がいる会社は、入社してからも対応は同じです。

気に入らないことがあれば恫喝してくるでしょうし、典型的なパワハラ。

実はこの記事を書く僕もタメ口の面接官に出会った経験があります、、、。専門学校を辞めて就活をしていた時です。

当時の面接官が僕に言ってきたセリフを下記に記載しました。

「週に3日は飲み会があって、俺がおまえを鍛えたる、、、、」。もちろんそのセリフ以外でもすべてタメ口。

 

まともな会社を人材紹介サービスに紹介してもらう

冒頭にもいいましたが、100%ブラック企業を見分けたり、よい会社だと判断するのは現実的には難しい話です。

しかし1つだけ方法があるとすれば、人材紹介サービスを使って優良企業を紹介してもらうです。

もちろん紹介してもらえたからといって、100%内定をもらえるのかはわかりません。しかし面接対策や企業のピックアップをしてくれるので色んな助けになるのは間違いないでしょう。

例えば、ジェイックでいえば、就職後の定着率が90%以上と言われ入社後に満足して働いているかたが多いのがわかります。

ジェイックの詳細はこちら

もう1つご紹介したいのが、リクルートが運営している就職SHOPです。

リクルートエージェントのようなキャリアアップ転職のかた以外をターゲットにした人材紹介サービスです。

学歴や職歴がないかたでもサービスを受けられ、専任スタッフが就職できるまでサポートしてくれます。

就職SHOPの詳細はこちら

この機会によい会社に入社してくださいね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

-専門学校中退者の就職, フリーター就職
-

Copyright© 高卒の下剋上☆ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.