高卒の下剋上☆

学歴や経歴に自信がない人がキャリアアップするための情報を発信するサイト

営業の仕事って本当に稼げるの?どんな業界が儲かるの?などを解説

更新日:

営業の仕事って本当に稼げるの?どんな業界が儲かるの?などを解説

営業と言えば、色々な求人広告を見ていると他の仕事より稼げていそう、、。

でも精神的にキツイ仕事なのかな?興味はあるんだけどな~。と、このような疑問を感じるかたも多いと思います。

そんな方へ、この記事では営業とは?をわるべくわかりやすく解説したいと思います。

興味があるかたには「営業職にうまく転職するには?」についても解説するので、是非参考にして下さい。

 

稼げる稼げないで言えば稼げるのが営業職

営業が稼げる理由について

営業は他の仕事より稼げる仕事であるのは確かです。

理由は2点あります。

まず1つ目は、他の仕事と比べて評価基準が明確だという点です。

例えば、
飲食店の場合は、売上は店長の成績になりますが「その他の人たちの評価は?」と聞かれると答えるのが難しいです。

なぜ難しいのか?というと、数字として表しにくいからですね。

実際にも、営業以外の仕事をしていて「自分はすごく頑張っているのになかなか評価をしてもらえない」って嘆く人が多いですよね?

その点、営業の場合は評価基準が個人の成績だけなので、成績がよければ稼げるし、悪ければ稼げない可能性はある。

追記で、営業は他の社内業務の人たちと比べると、基本給が高めのケースが多いです。

営業を稼げる理由の2つ目は、歩合といったシステムを取り入れている企業が多いためです。(インセンティブと呼ぶ場合あり)

ご存知なかたも多いと思いますが、念の為、説明します。

歩合給とは、
営業成績によって固定給とは別に支払われる報酬です。

求人票の年収例で、下記のような表記を目にしませんか?

固定給20万円 + 歩合給20万円

営業以外の仕事だと、この「歩合給」っていうのがないので、営業が稼げる仕事だと言われる理由の1つです。

余談ですが、高卒で学歴もない僕ですが、働き出した初年度で、月50万円の歩合を受け取った経験があります。

ざっくりと「営業が稼げる理由」を解説しましたが、ご理解いただけましたか?

 

しかしここで注意して欲しい点があって、営業職といってもジャンルはさまざまあります。

例えば、新規営業なのかルート営業なのか?もっというと稼ぎは業界にも左右されます。

それらを間違わなければ稼げますし、逆に間違ってしまうと稼げない。その点もふまえて先に進んでください。

稼ぐための基本その⓵営業の種類を理解すること

稼ぐための基本その⓵営業の種類を理解すること

法人営業(BtoB)

簡単にいうと企業が企業に物を売ること。

BtoBと表す意味としては、「B → Business【法人顧客 = 企業】」だからです。
企業間での取引きという事ですね。

例えば、
企業のホームページ作成の営業をしたとします。
その時点で企業間での取引きになりますので、法人営業となります。

会社でイメージすると、会社にあるコピー機の販売会社の営業など。
(業務用の大きい、コンビニにあるようなコピー機の販売をする営業)

法人というくらいですから、主に株式会社〇〇とかが営業先となり、営業をする相手は、部長さんとか社長さんがメインとなります。

一般的に営業と聞けば、法人営業をイメージする方は多いのではないですかね?

 

個人に営業(BtoC)

企業が個人に物を売るのがBtoCと呼ばれるもの。

BtoCと表す意味としては、「B → Business【法人顧客 = 企業】」、「C → Consumer【個人顧客 = 消費者】」の略になるからです。
企業と個人の消費者での取引きという事ですね。

都心部に住む方だとイメージしやすいかと思いますが、休みの日にインターホンがなった経験ありませんか?
出ると「インターネット回線」や「有料テレビ」の営業だったり。

他でいうと、不動産営業もBtoCと呼ばれるものです。
一般的には、個人が不動産屋を訪問して、家についての相談をして、買う買わないを決めますよね?

車のディーラーの場合も同じ。個人に対して車を売るのが大半ですよね。
個人に対して営業をする時点でBtoCになると覚えておいて下さい。

 

ルート営業(顧客回り)

今取引のある人や企業に対して追加商品の提案をする営業。

例えば、肉の卸をメインとしている会社にあなたが入社したとします。
そして取引先の焼肉屋さんは、ある程度は決まっている。
その既に取引のある焼肉屋さんに出向いて、

「この新商品どうですか?」

というのがルート営業。

新規営業と違って顔見知りなケースがほとんどなので、新規に取引先を開拓する「新規営業」と比べると、まだ楽な仕事だと言えるでしょう。

 

新規営業

新規とは名前の通り新規開拓がメインの仕事。

良くあるのが、

取引のない新しい企業に直接電話をかけて、約束(アポ)を取ってから訪問するタイプ。
他でいうと、商品PRやサービス内容を記載したDMなどを、郵送やメールで送って、反響や反応(問い合わせ)があったところに対して営業をするケースです。

初めての人や、取引のない企業に対して営業するのが新規営業。
今取引のある企業や個人に対して営業するのがルート営業。

ちなみに、
歩合給(インセンティブ)を獲得しやすいのはルート営業より新規営業です。
理由は簡単、ルート営業より新規開拓の方が難易度が高いからですね。
ごくまれに、ルート営業の方が歩合率が良いといった変わった企業もあるみたいですが、あまりそういった企業を見つけるのは難しいと言えます。

 

稼ぐための基本その⓶稼げる業界TOP3

稼ぐための基本その⓶稼げる業界TOP3

不動産業界

不動産と言えば、不動産売買や賃貸、リフォームなど。

特に不動産売買に関して言えば、動くお金が何千万円~数億円など大きいので、その分インセンティブで入ってくる報酬も大きいのが特徴。

20代でも1000万円オーバーはざらにいます。

賃貸系で言えば稼げるのは間違いありませんが、季節によって稼げる変動が大きいのが特徴

引っ越しをするかたがターゲットなので、どうしても1月から3月までが繁忙期だったりします。

不動産の注意点としては、求人サイトを見てもらえればわかりますが、毎回のように応募をしている企業が多く見られます。〇条工務店とか。

常に募集するってことは言い変えると、それだけ人が辞めているのも想像できます。人が辞めているということは、厳しい環境なのか?簡単に想像できますよね?

「自分は稼げれば何でもいいんだ!」と言えれば問題ありませんが、なかなか厳しい業界だとは有名なのでその点だけご注意を!

 

保険業界

保険業界は、企業に保険を案内する人や個人にたいしてなどさまざまですが、特徴としては営業マンというより個人事業主のような扱いです。

感覚としては、企業の名前を借りてその企業の商品を販売する。そして、売り上げたいくらかのお金を手数料として企業に支払う仕組み。

そして驚くことに、外資系のTOP営業マンなんかでいうと年収5000万円オーバーとか。ヤバイですね((>_<)

保険屋のインセンティブの仕組みは、契約をとった時点で手数料が入る。そしてその契約したお客様が継続してくれたら2年目以降にも何パーセントかの報酬がもらえます。

保険屋のメリットは、顧客を獲得すればするほど報酬が積み上げられていく点です。

ただ注意点としては個人主扱いのようなものなので、契約が取れなければ給料がほぼない、、、。もあり得ます。プラスで交通費が実費とか。

しかしこれだけ有名な保険業界。稼いでいる人がたくさんいるので「保険業界は稼げる」といった声が多いのは確かです。

 

IT業界

IT系といっても、企業のシステムをいちから構築するところから、個人店のホームページを作成するなどさまざまです。

この業界の特徴は、最先端であるがゆえにスピード感があるのが特徴。

インスタグラムもそうですよね、、。2017年から一気に有名になり、今では人口の2人に1人使っていると言われています。たった数年でこのスピード感は凄いとしかいいようがありません。

まあインスタグラムを販売するのは現実的にはありませんが、しかし、フォロワーを増やすシステムを販売してめちゃくちゃ売れている会社もあるみたいです。

IT系と聞くと「自分は詳しくないから、、」という方がいますが、そこはあまり関係ありませんよ。

例えば、車のディラーの営業マンが車を作るシステムを知っているのかというと、恐らく知りません。その点は無知なはず。

知識があるなしではなくて、興味のあるなしでIT系の販売をするしないを決めたほうがいいでしょう。

 

営業をやるデメリット

求人サイトを見てもらえればわかりますが、営業職の募集は他の仕事より求人数が多いと思います。

理由は先程にも説明しましたが、それなりにやめて行く人がいるのでその補填として。

もう1つの理由は、なかなか営業を率先して「やりたい」といえる人が減ってきているからでしょう。

なので、どの仕事でも言えることですが、高い報酬をもらえる代わりにそれなりの仕事をしなければならない。。と言うのがデメリットかなと。

契約が取れなければ辛い思いもするでしょうしね。

上記の点が大きなデメリットになると思えれば、営業は辞めておいたほうがいいでしょう。逆の考えの方は営業に向いているかもしれませんね。

営業で稼げる人ってどんな人?

僕がたくさんの営業マンを見てきて、稼げる人の特徴をいうと、まずこの記事をご覧のアナタも、そのなかの1人です。

何故なら、

「営業が稼げるのか知りたい」
「どのくらい給料がもらえるのか知りたい」

などの疑問があって、この記事へ辿りついたと思います。

ずばり、

稼ぎたい意欲がつよい人は、稼げる営業マンになれる素質があるのです。

素質はあるので、後はその気持ちを入社して継続できるのかどうかが別れ目。

実際にも営業で稼ぎ続ける人間は貪欲な人が多いです。目標達成しても「もっともっと」となるかたが多い。

もちろん例のかたは、稼げる人間でも上位レベルの人間ですけどね。

あとは稼げれば楽しいと感じられるのも営業です。楽しくて稼げればいうことなしの仕事となるでしょう。

 

営業未経験者への注意点

営業未経験者への注意点

注意点として真っ先にあげるのが1つ。

売れない商品を販売している会社は辞めておこうということ。

当たり前の話ですが、上記ポイントは営業をするうえで凄く大切な項目。
「砂漠にコタツを売って営業はなんぼ!」
このセリフ聞いたことありませんか?

売れる訳がありません(>_<)

もう少し具体的にいえば、「コピー機の営業は辞めたほうがいい理由!」にも記載しましたがコピー機の営業。

これだけペーパーレス化が進むなか、紙ベースの商品はなかなか売れないです。

だから、営業をするにしても業界選びはめちゃくちゃ大切です。

営業は売れる商品を販売して、自分もおいしい体験をするのが一番。

ただ売れる商品を判断するのは、自分1人ではなかなか難しいのが現実です。

そこで役に立つのが転職エージェント。次の項目で理由について解説します。

 

条件のよい会社は転職エージェントに紹介してもらう

転職エージェントに相談し、伸びている業界や会社を聞くことが可能です。

一般人では持っていない情報を持っているのが転職エージェントを活用する最大のメリット。

あと一点おすすめなのが離職率も低い会社を紹介してもらうこと。

いざ入社するとイメージしていたのと全く違った、条件なども違った、では話にならないですよね?

その点、転職エージェントは離職率が高い会社やブラック企業は除外されているケースがほとんどなので安心できます。

その他のサービスとしては、面接対策や職務経歴書の作成も手伝ってくれるので頼ってみて下さい。

転職エージェントについては、求人数をたくさん持っており、人材業界NO1の【リクルートエージェント】 で問題ありません。

ご存知かもしれませんが、日本で一番活用されているエージェントで、僕も転職のさいにはお世話になりました。

【リクルートエージェントの公式サイト】

もし今まで就職したいことがない、、という方はジェイックがおすすめです。

就職するまでに、営業についての研修をしてくれて、就職先が決まるまで無料でサポートしてくれます。就活生がたくさん利用されています。

就職後も手厚いフォロー!就職後の定着率94.3%!就職ならジェイック!

以上です。最後までお読みいただき、ありがとうございました。

-高卒の転職
-,

Copyright© 高卒の下剋上☆ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.